スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナツユメナギサ…!



南の島の浜辺に、ある少年が漂着した。
自分がどこから来た誰なのか、少年は知らない。
カヤという美しい少女に助けられ、『渚』と名づけられた少年は、
大樹がそびえる不思議な村で暮らし始める。
言葉も通じない村の人達に囲まれて、浜辺に立ち、
海の彼方に自分の由来を探し続ける。
やがて少年は、いつかの夏を見つけ出す。
それは、七瀬歩が、美浜羊が、そして・・・・・・様々な懐かしい少女がいた景色。
波打ち際に立ち尽くしていた彼が、たどりついた場所は・・・・・・。


                                                              最後の夏。夢


なん…だと…?

え、なにこれ?
渚?
生きてたの?
あの感動なんだったの?
あの話のすべてがぶち壊しになるの?



そんなはずないよね!

そこらへんは多分いい感じな設定にしてくれているはずさ、うん!


…………………。


そうじゃなかったらいろんな意味で泣くわwwwwww
スポンサーサイト
Author by virushia / 全記事一覧 / ページトップ
Designed by マンゴスチンw /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。